HOME最新記事【2023年第3四半期】シンガポールの労働市場調査結果を解説!求人数や求人倍率、失業率は?

【2023年第3四半期】シンガポールの労働市場調査結果を解説!求人数や求人倍率、失業率は?

先日、シンガポール人材開発省(以降MOM)は、2023年第3四半期の労働市場調査結果の確定版をリリースしました。第2四半期のレポートでは、全体的に労働市場が拡大したものの求人数や求人倍率には低下が見られており、「労働市場に冷え込みが見られている」と懸念されていた今四半期。実際の着地はどうだったでしょうか。今回は、2023年第3四半期の労働市場調査結果について、詳しくご紹介いたします。

雇用の拡大が見られた第3四半期労働市場

2023年第3四半期のヘルパーなどの移民家事労働者を除く雇用増加数は、前四半期比で23,600人で、およそ10%の増加があり8四半期連続で拡大しました。国民・PR保持者・非居住者(外国人)すべてで増加が見られたとのことでした。内訳としては、国民・PR保持者の増加幅が2,800人で、外国人労働者の雇用の拡大は20,800人でした。前者は金融・専門サービス、医療・福祉サービスの分野において拡大しました。

一方で、後者は建設、小売業、飲食サービス、事務・サポートサービスなどの分野で主に一時的な需要により拡大したと見られています。

失業率と人員削減対象者の推移

2023年10月時点の失業率は低水準を維持しました。内訳としては、全体で1.9%、居住者:2.8%、国民:3%という結果でした。また、居住者の長期失業率は2023年6月の0.5%から2023年9月には0.7%に上昇しており、これはコロナ禍以前の平均失業率と同程度の結果となっています。MOMは、「世界的な景気減速のなか、企業は事業のさらなる拡大よりも現状維持に重点を置いているようだ」と見解を述べました。

また、失業率については今後も上昇する可能性があると示唆しています。人員削減は2023年第2四半期の3,200人から第3四半期には4,110人へとおよそ900人の増加が見られました。

MOMは、この増加の主な背景には再編成やリストラ(61.9%)があったとしていますが、前四半期に比べ、より多くの企業が事業やコストに関する懸念を人員削減の理由として挙げていることを明らかにしました。

求人数は引き続き減少傾向に

MOMは前四半期より「労働市場に冷え込みが見られている」としていましたが、2023年9月時点の求人件数は78,400件と前四半期比で減少したことが分かりました。これで、2022年3月のピーク126,000件から6四半期連続で減少するという結果になりました。

全求人の内訳としては、IT、医療・福祉、専門サービス、金融・保険サービスなどの成長セクターでの求人数が求人数全体の3分の1近くを占めたとのことです。一方で、全体の求人数は引き続き失業者数を上回っています。2023年9月の失業者数に対する求人数の比率は1.58でした。これは、2023年6月の1.94から低下しています。

まとめ

MOMは、本レポートにて労働市場が拡大している一方で、雇用増加のペース自体は1年前に比べて鈍化したとしており、景気の逆風がシンガポールの今後の労働市場に影響を及ぼすことを示唆しています。また、今後の不安定な経済状況下においても競争力を維持するためにも、政府が提供する「Jobs Transformation Maps (JTMs) 」などを通し、常に業界の最新情報に触れ状況に応じた柔軟な対応をすることを推奨しています。雇用する従業員に対しても、常にリスキリングやスキルアップをすることで、常に新しい機会にオープンでいることを奨励しています。

最後に

今回は、2023年12月に新たに発表された2023年第3四半期におけるシンガポール労働市場調査結果のアップデート版についてお届けしました。第2四半期に引き続き、第3四半期においても労働需要の冷え込みおよび成長の鈍化が見られる結果となりました。事業計画、そして採用計画を策定するためにも大切な情報となる人材市場情報。弊社といたしましても、今後も状況を注視していきたいと思います。
人材採用・ご紹介に関するお問い合わせはお気軽にご相談くださいませ。

リーラコーエン シンガポールについて

Reeracoenは、シンガポールを筆頭にアジア7つの国と地域で人材紹介サービスを展開をする日系の人材サービス会社です。

シンガポールでビジネスを展開している企業への人材紹介、シンガポールへの転職を考えている方への支援を行っています。専門スキルを持ったローカル人材、ローカル日本語スピーカー、現地採用の日本人の紹介に強みを持っています。

また、ビザ代行などのビジネス支援やエグゼクティブサーチ・人事コンサルティングを手掛け、経験豊富なコンサルタントが二人三脚でサポートを行っています。

直近では、経営やマーケティング、人事など各分野、業界における専門性の高い情報を求める企業に対し最適な人材を紹介し、直接相談ができる場を設けるエキスパートソリューションサービス「Brainsight(ブレインサイト)」を開始。ほかにも、韓国企業様と韓国語スピーカーの方とのマッチングを行う専門チームが発足し、ますますサービスの幅を広げています。

シンガポールでの人材採用・ビジネス支援にご興味をお持ちの方は、是非お気軽にご相談くださいませ。また、最新人材マーケット情報や生活に関する最新情報をブログInstagramにてお届けしています。こちらもお見逃しなく!

Reeracoen Singapore(リーラコーエン シンガポール)
EA Registration No:12C5051
住所:3 Anson Rd, #08-03 Springleaf Tower S079909
最寄り駅:Tanjong Pagar駅
営業時間:月~金 9:00-18:00
電話番号:6557 0135
WEBサイト

 

【関連記事】
【シンガポールの就労ビザ】DP保持者の個人事業主登録やLOC就労を徹底解説
【シンガポール 就労ビザ】COMPASSお役立ちサイト一覧をご紹介~シンガポール人材省推奨~

シンガポールのビジネス情報や最新記事、セミナー情報をLINE・YouTubeでお届けしています!
ぜひお友だち追加・チャンネル登録をお願い致します。

チェックしたサービス0件を
まとめて請求 まとめて問い合わせ